健康法

スギ花粉症の時期とは?自分の花粉症は何がアレルギー?

b89d42f1d699ed1ecd811fea00caf540_s

春先になると、宙を飛び交うのが花粉。

そんな花粉に悩まされている方多いはずです。

今回は、よく耳にする花粉症の時期について、解説していきます。

 

スポンサーリンク
  

スギ花粉症の時期とは?

まず、初めに花粉症にも季節があることをお伝えしておきます。

そうです。多かれ少なかれ、花粉症に悩まされている方は、1年中います。

そんな中、よく耳にする花粉症の花粉として、挙げられるのが、

 

「スギ」

 

です。

スギはいわゆる花粉症の時期に多く発生し、アレルギー体質の方を悩ませます。

スギは冬の終わりから春先にかけて、だいたい2~4月位に多く発生します。

少しだけ余談ですが、北海道・沖縄地方では、スギ花粉は限りなく少ないです。

しかし、北海道を除く全国に2月~瞬く間に拡がってくるスギ花粉。

 

症状もありとあらゆるところから来ます。

【目の症状】
目のかゆみ
涙が出る
まぶたが腫れる
目の充血
【鼻の症状】
鼻水がひっきりなしに出てくる
鼻つまり
くしゃみが多く出る。
【喉の症状】
喉の痛み
せき
口の中のしびれ

 

こんなに症状があるのですね・・・

気づいた方はいると思いますが、症状が風邪の症状に似ているのですね。

ですので、自分は風邪なのか、花粉症なのか判断に戸惑う方も多いと思います。

これについては、後ほどご説明しますね!

 

ヒノキ・ブタクサの時期とは?

「ヒノキ」の飛散時期は、スギより少し遅れます。

だいたい3~5月と言われています。

5月ですと、GW連休とも重なり、ヒノキ花粉に悩まされている方は、せっかくの連休が・・・
と思う方も多かれ少なかれいると思います。

ヒノキ花粉についても、スギ同様、広範囲に飛び交い、花粉症の方をひどく悩ませます。

症状もスギ花粉症と似ています。

スギとヒノキの花粉の合併症を持っている方もいますが、これが厄介です。

症状が重症化するケースが多いのです。

スギとは多少時期がずれるだけで、同様の花粉症と区別されます。

 

「ブタクサ」の飛散時期は、主に夏~秋にかけてです。

だいたい8~10月と言われています。

日本国内においては、今までご紹介してきた、「スギ」「ヒノキ」に次いで多い花粉症です。

スギやヒノキのように高い木ではなく、背が低い草花ですので、ブタクサに近づかなければ、症状と抑えられます。

症状はスギとヒノキ同様、目と鼻の症状が出ますが、喘息の原因にもなりえますので、注意が必要です。

詳細については、下記サイトをご覧ください。↓
http://www.ssp.co.jp/alesion/hayfever/plant/

 

スポンサーリンク

自分の花粉症は何が原因?

ここまで、スギ・ヒノキ・ブタクサ花粉症の発症時期について、ご説明してきました。

他にもたくさん花粉症の種類はあります。

今年から花粉症の症状が出てしまった方は特に、自分がいったいなんの花粉に悩まされているのか知りたいですよね?

何より、それを知らなければ、症状改善しません。

花粉症の原因の切り分けについては、自己診断ではなく、しっかりと医師による診断を受けましょう!

アレルギー検査には様々な種類のものがあります。
当たり前ですが、医療機関を受診することで、正確なアレルゲンが分かりますよ^^

 
 

さらには、花粉症の目のかゆみなどに対する対策は、過去に私が書いた記事がありますが、「花粉 目のかゆみ 対策」などで、検索すると出てきますので、目をこすることのないよう気を付けてください。
下記サイトが私の過去の記事です。↓
http://smart-vitality.com/216.html

 

まとめ

花粉症の原因となる花粉には、たくさんの種類があります。

まずは、自分がなんの花粉症なのか?

もしかしたら、花粉症ではなく、他の病気かもしれない。

そんな時は、「医療機関」を受診してください。

それでは、少しでも花粉症の悩みを軽減できる日々をお過ごしください^^

スポンサーリンク

-健康法
-,